肌トラブルが発生する可能性

永久脱毛を行うと肌トラブルが発生する可能性がありますので知っておかなければなりません。
毛を作る組織を破壊させる行為は皮膚科や美容外科などのクリニックでしか行えないため、クリニックで施術すると高い永久脱毛の効果を得ることができます。
クリニックでは主に「医療用レーザー脱毛」が行われますが、エステサロンで行われるレーザー脱毛よりも強いレーザーを使用するために、肌の弱い人や乾燥肌の人は施術後に火傷のような状態を引き起こす可能性があるのです。

また使われるレーザーが黒色に反応する仕組みであるため、日焼けや色の濃いシミなどがあっても同様の症状を引き起こす可能性があります。
しかし万が一トラブルを引き起こしても医療機関ですので適切に処置することができます。
クリニックではその他にも「ニードル脱毛」が行われます。
毛穴1つずつに電流を流して毛を作る組織を破壊する方法から永久脱毛の効果は医療用レーザー脱毛よりも高くなります。

しかし施術後に針を刺した部分が赤く腫れ上がったり、内出血を起こしたり、毛穴にばい菌が入ってしまう毛嚢炎(もうのうえん)という状態になってしまうことも考えられます。
クリニックでは施術後にアイスパックなどを使用してクールダウンを行いますが、できれば帰宅後に自分でも行うようにすることがトラブルを引き起こさないためには重要です。
永久脱毛ではこれらのトラブルが起こる可能性があることを十分に理解し、事前のカウンセリングではしっかりと話を聞くようにしましょう。

ワキ脱毛効果調査隊で脱毛の基礎知識はバッチリです!